YZFR1 04 ホイール本体 RCcomponents RCコンポーネンツ デュアルスピニングホイール(HAVOC ホイール関連 RCcomponents

95894160
YZF-R1 04 ホイール本体 RCcomponents RCコンポーネンツ デュアルスピニングホイール(HAVOC) ホイール関連 RCcomponents
YZF-R1 04 ホイール本体 RCcomponents RCコンポーネンツ デュアルスピニングホイール(HAVOC)                                                                                                                             ホイール関連 RCcomponents

■商品番号
W-RCC-1163

■商品概要
リア
ポリッシュ
(サイズ17×6.25)
ハブダンパー無し

【DOT規格】
※車種によっては若干の加工が必要です。
※画像はイメージです。
※ノーマルスプロケットは御使用いただけません。専用のスプロケットが付属します。ご希望の歯数を以下の項目にご指定下さい。
※ご注文の際にご希望のスプロケット歯数(記入例:48丁)をご指定下さい。

※チェーンサイズがノーマルの車両が対象となります。


■適合車種
▼YAMAHA
YZF-R1 04

yhziy yhziz yhziu yhziw yhzif yhzig yhzia yhzii yhzij yhzjh

なぜ月経痛や頭痛で使う鎮痛剤(非ステロイド系鎮痛消炎剤)は胃に副作用が出やすいのか?

頭痛や月経痛があるとき、痛み止めの薬を飲む人は多いですよね。特に、これらの薬は病院に行かずとも近くの薬局で気軽に購入できますので、常用している場合もあるでしょう。

 

単発で使用しているのであれば、それほど気にする必要はないかもしれませんが、鎮痛剤を常用しているような場合は要注意です。

なぜなら、これらの薬は無自覚のまま、胃に負担をかけてしまっていることがあるからです。

●NSAIDsと胃の関係

COXは、血管の拡張や発熱、胃粘膜の保護などに関係している酵素です。そのため、NSAIDsを服用すると胃粘膜保護作用がなくなりますので、様々な胃の不調を感じるのです。

また、NSAIDsが直接、胃粘膜に接触することで加わる刺激も要因の一つとなっています。

 

NSAIDsでみられる胃腸障害には、次のようなものがあります。

中には、胃腸障害を発症しながら無症状のこともあります。従って、漫然と続けて使うことのないようにしましょう。定期的に内視鏡で検査を受けることもオススメです。

 

近年では、胃腸障害の少ないNSAIDsもみられるようになりました。ですが、他の副作用が発現する可能性はありますし、血栓ができやすいという報告もあるようです。

月経痛や頭痛は生活習慣の見直しでも改善が期待できます。ぜひ、以前ご紹介した次の記事も参考にしてみてくださいね。

以前の記事はこちらどうぞ↓

月経と食生活とアルコールについて デュアルスピニングホイール YZFR1 04 ホイール本体 ホイール関連 RCコンポーネンツ HAVOC RCcomponents

女性に多い頭痛について ホイール本体 YZFR1 RCコンポーネンツ デュアルスピニングホイール ホイール関連 04 HAVOC RCcomponents

デュアルスピニングホイール ホイール本体 ホイール関連 YZFR1 HAVOC RCコンポーネンツ 04 RCcomponents

 


ひざを伸ばしきってはダメ

歩く時、また立っている時にひざを伸ばし切ってはいませんか?
私の治療院の患者さんの中にも、かかとを下肢台に乗せるとひざが必要以上に反ってしまう方がたくさんいらっしゃいます。通常、下肢台に乗せたひざは通常どんなに押しても軽度屈曲でぴたりと止まるものなのです。これは地面からの衝撃をうまく逃がし、吸収するために備わっている人間の免震機能のひとつですが、最近では指を使わず浮かせ、かかとから着地する悪い癖がついてしまっている人があまりにも多く、街でもjひざを伸ばし切って歩いている光景が目立ちます。
ひざを伸ばし切って歩いていると地面から伝わる力の逃げ場がなく、有害なストレスを吸収・無害化できないのでそのまま身体の上部へと伝えてしまいます。
その有害なストレスが時間をかけてひざ・腰・首に蓄積され、各部に変形や微細な疲労骨折を起こしてしまうのです。
立ち話で長時間立っている時や電車の中で立ちっぱなしの時なども、いつもより少しだけひざを曲げ加減にすることで、骨に頼るのではなく筋肉に頼って立つ癖をつけて下さい。


指上げ足(浮き指)と膝反張
「ひざの反り過ぎ」枕を2つ重ねても膝(ひざ)の後ろがついてしまうほど。

このかかとから着地する動作を、中高年の人が3~4カ月続けていると、その半数の人に、ひざ・腰の痛みや頚の不調と共に、めまい・肩こり・頭痛など自律神経失調症状も起こってきます。何十年の施術の中で、こんな例を何百回となく経験しています。これは「かかとから着地するは誤り」ということを物語っているのです。
重力という絶対的な支配下の中で生きている私たちは、足裏に『安定機能』『免震機能』『運動機能』という3つの機能を備えもっているために健康な体と美しさを維持して生きているのです。そしてこの3つの機能は、かかとと指の付け根と足指の3点をバランスよく使って歩くことで、発揮されます。つまり、歩く時足裏の全面が同時に着地して受け身をとるのが正しい歩行なのです。ただ、かかとが着く割合が少し多いだけなのですが、それをかかとから着地するというように錯覚してしまっているのです。
かかとから着地をすれば、かかとに全体重と体重の約3倍にも及ぶ重力が繰り返し加わります。その上、3つの足裏の機能が働かないのですから、地面からの過剰な衝撃波とねじれ波を上半身に伝えて害になることは言うまでもありません。
「正しい歩行はかかとから」などという誤った先入観を取り除き、正しい知識を入れることが大切です。自分の身体は自分で守っていかなければならないのですから。


■同じ分野内で探す
■他の分野から探す
■その他